初心者の方でも手軽に始められる資産運用や投資方法を厳選!おすすめの長期積立型の運用法をいろいろと紹介しています。

初心者にもおすすめな積立型の資産運用法5選!

ゆうちょの画像
郵便局ネットワークを通し、総合的金融サービスを提供
ゆうちょ銀行では、郵便局のネットワークをメインにした金融サービス全般を幅広く提供しています。その中でも資産運用として貯金(預金)は日本人にとって馴染みの深いものだと思いますが、ゆうちょでは様々な種類の貯金方法を提案可能。 また、マネープランの一つとして投資信託も推奨しており、公式ホームページには具体的なプラン例やコラムなどを掲載しています。
おすすめポイント

Point 1. 郵便局のネットワークを活かした総合金融サービスを展開!

Point 2. 貯金は低リスクで、安全な投資方法!

Point 3. ゆうちょでは、投資信託も提案!

預金:ゆうちょの基本情報

本社所在地 東京都千代田区大手町二丁目3番1号
お問い合わせ 【ゆうちょコールセンター】
0120-108420(通話料無料)
最小投資額 記載無し

預金:ゆうちょの詳細情報

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像
世界各国の株式に投資!毎月貰える分配金が魅力
ニッセイグローバル好配当株式プラスは、毎月分配型投資信託という種類の投資信託ファンドのひとつです。世界各国の株式から利回りの良い銘柄をメインに投資する点や、毎月分配金が払われる可能性のある点などが主な特徴でしょう。 また、受賞歴もありユーザーから高い評価を受けている「購入・換金手数料なしシリーズ」の開発や、機関投資家向けの資産運用サービスなどにも力を入れています。
おすすめポイント

Point 1. 総合的判断で、高配当株主への投資を実現!

Point 2. 「プレミアムプラス戦略」で安定した収益確保を目指す!

Point 3. 購入・換金手数料なしシリーズが好評!

毎月分配型投資信託:ニッセイグローバル好配当株式プラスの基本情報

本社所在地 【本店】東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル
お問い合わせ 0120-762-506
最小投資額 証券会社によって異なる

毎月分配型投資信託:ニッセイグローバル好配当株式プラスの詳細情報

安田生命じぶんの積立の画像
返戻率・受取率100%以上の貯蓄型保険
じぶんの積立は、明治安田生命が2016年10月に発売して以来790,000件を突破している無配当災害補償付積立保険です。主な特徴としては、100%以上の返戻率・受取率、月額5,000円から積立可能、加入時の健康状態告知が不要などが挙げられます。 また、貯蓄型保険には貯蓄と保険それぞれの良さを持つというメリットがあるので、バランス良く資産運用したい人はチェックしてみても良いでしょう。
おすすめポイント

Point 1. 返戻率・受取率100%以上を実現!

Point 2. 幅広い使い道が選択可能!

Point 3. 健康状態にこだわらず加入ができる!

貯蓄型保険:安田生命じぶんの積立の基本情報

本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1
お問い合わせ 0120-662-332
最小投資額 月額5,000円

貯蓄型保険:安田生命じぶんの積立の詳細情報

ソニー生命学資型保険の画像
約150万人に選ばれる学資型保険
ソニー生命の提供する学資型保険とは、子供たちの教育資金を準備するために親が契約・支払いをし、最終的に進学準備金や満期学資金を得られる保険です。 貯蓄性を重視した補償内容や、様々な教育プランに合わせたオーダーメイドプランが特徴であり、またそれらを総合して豊富な知識を持つライフプランナーに相談することができるので初めて学資型保険に触れる方でも安心できるでしょう。
おすすめポイント

Point 1. 貯蓄性重視の学資型保険!

Point 2. ライフプランナーによる充実のサポート!

Point 3. 顧客の要望を取り入れたオーダーメイドプラン!

学資型保険:ソニー生命の基本情報

本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
お問い合わせ 0120-158-679
最小投資額 オーダーメイド価格 ※相談

学資型保険:ソニー生命の詳細情報

ロボ貯蓄の画像
手軽でお得な貯蓄・投資サポートアプリ
つみたてロボ貯蓄は、スマホ証券会社である株式会社One Tap BUYが2019年5月にサービスを開始したスマートフォンアプリです。インストール後、簡単な設定をするだけで株式への積立を自動で行ってくれるという点が大きな特徴です。 運用実績に応じて配当金・分配金の受けとりや買付・休止・売却がアプリで手軽にできるなどメリットも多彩で初心者にも使いやすい貯蓄・投資サポートアプリと言えるでしょう。
おすすめポイント

Point 1. スマホアプリで手軽に株式投資!

Point 2. 毎月配当金・分配金がもらえる!

Point 3. かんたん設定で自動積立が可能!

積立投資:ロボ貯蓄の基本情報

本社所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
お問い合わせ 【カスタマーサービス】
03-6833-3000
最小投資額 1,000円

積立投資:ロボ貯蓄の詳細情報

よく読まれている記事

記事がありません

表示する記事はありませんでした。

これから資産運用を始める方向けに少額から始められる投資・資産運用法をご紹介しています!

こんにちは。埼玉県内在住、妻子持ちのフリーランサーです。

友人から説明を聞いたことをきっかけに、投資や資産運用の初心者でも気軽に始めることができて、なおかつ少額で負担なく投資できるような方法がいくつかあることを知りました

今でこそ一定の知識を身につけることができましたが、このサイトでは私のように、今まで資産運用について知らなかったけどちょっと興味がある、もしくはやってみたいと思い始めた方に向けて「おすすめしたい様々な長期積立型の資産運用・投資方法」についてご紹介しています。

当サイトが、皆様の資産運用計画の助けになれば幸いです。

おすすめの長期積立型の資産運用・投資方法5選を一覧表にまとめてみました

いかがでしたか?わたしが選んだおすすめの資産運用法5選。どれも手軽にチャレンジしやすいものばかりです。

情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

イメージ
サービス名称 ゆうちょ
(預金)
ニッセイグローバル
好配当株式プラス
明治安田生命
じぶんの積立
ソニー生命
学資型保険
つみたて
ロボ貯蓄
種類 各種貯金(預金) 毎月分配型投資信託 貯蓄型保険 学資型保険 積立型の株式投資
取引手数料 購入手数料
信託報酬
監査費用が発生
無料
プラン・コース 通常貯金
通常貯蓄貯金
定額貯金
定期貯金
財産形成貯金など
各種ファンド 月々
1口5,000円
2口10,000円
3口15,000円
4口20,000円
オーダーメイドプラン 高分配・高配当コース
積み株コース
特徴 利回りは低いが、安全性は高い 全世界の株式を対象に投資。手間も少ない 貯蓄と保険のハイブリット ライフプランナーによる手厚いサポートあり 自動で積み立てしながら分配金・配当金がもらえる
詳細リンク もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく もっと詳しく

初心者でも始められる資産運用

電卓を打つ画像
増税や格差社会などの問題も多く聞く現代で、この先を見越して資産運用を始めようと考えている人が増えているようです。しかし、知識不足などからなかなか行動に移せてない人が多いのも事実。

そこで、まずは初心者にもわかるように資産運用とは何なのかを見ていきましょう!

資産運用とは?

個人で保有する現金や、株、不動産などの資産を運用・マネージメントすることによって資産を増やしていくことを言います。資産運用は2種類あり、主に「貯蓄」と「投資」に分けることができますが、このブログでは「投資」「貯蓄」の両方にフォーカスして紹介しています

ちなみに前者の「貯蓄」には普通預金、定期預金や、貯蓄型の保険など。後者の「投資」には株式や債券、投資信託などがあります。

銀行などにお金を預ける「貯蓄」は、ごくわずかではあるものの金利がもらえるので、これも立派な資産運用といえると思います。

貯蓄型保険には学資保険や終身保険、個人年金保険などがあり、それぞれに特徴は異なりますが共通しているのは「万一に備えながら、同時に貯蓄もできる」ということでしょう。

また、資産運用の方法として株式やFXなどは「投資」の意味合いが強く、基本的にはハイリスクハイリターンなので注意と一定以上の知識が必要になるでしょう。

投資信託や国が発行している債券はそれらと比較するとややローリスクと言えます。ちなみに「リスク」というワードを使うと「危険」という意味に捉えられがちですが、資産運用に関しては「リターン額に大きくバラつきがある」という事を指す言葉です。

NISAとは?

NISA(少額投資非課税制度)とは、株や投資信託などの運用益や配当金が課税対象にならなくなる制度で、2014年から始まりました。例を挙げると、株式売買や配当金などで30万円利益を出した場合、一般の口座での取引では30万円の約20%、およそ6万円を税金として納めなくてはなりません。

しかし、NISA口座を開設して同様の取引をした場合は税金がかからず6万円も節税できることになります。また、確定申告の必要がなくなる点もメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては損益通算(利益と損を中和すること)・繰越控除(損失を繰り越して翌年以降から切除すること)ができないことが挙げられます。簡単に言うとNISA口座を使い資産運用をした場合、上手く利益をあげられたらそのままメリットに、損失が出てしまったらリカバリーできずデメリットになることもありえるということです。

その他にも色々と条件があったりするので、事前リサーチは必須だと思います。初心者には、少額から積立・投資ができる「つみたてNISA」もおススメですよ。

資産運用・投資を始める前に「利回り」を正しく理解しておこう

家とお金の画像

利回りとは?

元手となるお金に対して、いくら増えたのかリターンを示した割合の事で、一般的に1年あたりの平均利回りの事を言います。自分がどのような成果があげられているのかを知る基準となったり、計算方法が解ると運用目標を計画しやすくなるでしょう。

基本的にはパーセンテージの高いほうが投資対象が優良といえるのですが、同時にリスクの高い投資商品という場合もあるので投資先選びの際は注意が必要です。

利回りの計算をする際、単純に収益のみで導く場合は「表面利回り」実際にかかる費用を加味する場合は「実質利回り」となります。また、似たような言葉で「利率」というのがありますが、これは1年以内の元手のお金に対する利息の割合のことです。

利回りの計算をしてみよう

例えば、100万円をどこかの株式に投資したとします。その際10万円の利益があった場合、利回りは次のような計算式で出します。

20(1年の利益額)÷100(投資額)×100=20(利回り・%)

利回りというのは、利益も割合で示されるため規模が異なる投資先の比較にも有用です。

投資方法によって利回りも様々

株式投資

購入した株価に対して、配当が年間でどれだけされるかの指針である「配当利回り」が重要ですが、企業によって配当利回りに差があります。長期投資を考える場合、配当利回りは高いものを選びたいところですが、それが良い投資先とは限らないのが難しいところですね。

債券

株式と同じく自由に売買できる投資方法で、買った時点での債券価格により利回りが変動してきます。国・企業にお金を貸していることになるので、比較的安定して一定の利子が得られるでしょう。利回りに関しては対象の国・企業、満期に至るまでの期間で変わります。

不動産

一般的には表面利回りの高い不動産はリスクが高いと言われています。表面利回りと実質利回りの違いを把握し、常に満室にはなってない前提で年間の経費を含め、実質利回りを算出するようにしましょう。ちなみにネットなどの物件情報に記載されている利回りは表面利回りのパターンが多いようなので、リサーチの際は注意が必要です。

投資信託

主にきいろ投資金額、利益、コスト、期間により利回りが決まっていきますが、さらに利回りを判断する要素として「騰落率」と「トータルリターン」が挙げられます。
騰落率は、一定期間内に基準価格の変動の様子をパーセンテージで表示したもの。トータルリターンは、それに加えて分配金や手数料も含めた変動を表示したものになります。

少額から始められるおすすめの長期積立型の資産・投資運用法

お金が増えていく画像
ここでは、長期積立型投資のなかでも少額から始められるおすすめの運用法。その4種類のメリット・デメリットを紹介していきます。

アプリ(ロボ貯蓄)

「ロボ貯蓄」は、株式会社OneTapBUYからリリースされている投資サポートアプリです。

メリット

どのタイミングでも証券の購入・停止・売却が可能/1,000円から株式取引・購入が可能/一度アプリの設定をすると、その後自動で積み立てをしながら定期的に分配金・配当金が貰える/ロボ貯蓄シミュレーターにより、投資の目安が把握できる/スマートフォン専用証券なので、誰でも気軽に始められる/みずほフィナンシャルグループなど堅固なパートナーシップ

デメリット

推奨環境以外の端末では、アプリが正常に動作をしない場合がある

ロボ貯蓄は、アプリの強みを生かした「手軽さ」や「扱いやすさ」が魅力。スマートフォンさえあれば気軽に始められる株式投資は貴重な存在でしょう。また、毎月分配金・配当金が貰えたりといった楽しみもあります。

貯金/預金のメリット・デメリット

メリット

いつでも好きな額を引き出せる/公共料金などの取引全般が行える/確実性が高く、元本割れのリスクが低い

デメリット

金利が低い/複数口座に分けて預金すると、多く手数料を取られる恐れがある

日本人には特に馴染みのある貯金や預金は、金利とするとどうしても低くなってしまうので、大きなリスクを負わないかわり、大きく儲けることは難しいでしょう。

投資信託/ロボアドのメリット・デメリット

メリット

少額から投資が始められる/投資のプロ・ロボアドバイザーに任せられるので知識が無くても始められる/投資にかかる時間を短縮できる/感情に左右されない、ブレのない投資ができる(ロボアド)

デメリット

運用コスト・手数料が高い/投資経験を積むことができない/元本割れのリスクがある/NISAなどの非課税制度が使用できない(ロボアド)

投資信託/ロボアドは投資のプロにほぼ丸投げできる性質上、知識を付けなくても運用できるのはメリットですが、反面全体的にコストは高い傾向にあります。

保険(変額保険)のメリット・デメリット

メリット

インフレや金利の変化に対応できる/相続時に受取人を指定しておける/契約した保険金は保証される/運用実績が良ければ、期待以上の保険金が受け取れる

デメリット

途中解約をすると元本割れになってしまう/運用実績が悪ければ、元本割れする/他の保険と比較すると割高

変額保険は、保険会社の運用により大きく変動するため、ハイリスクハイリターンと言えます。

その他資産運用費別おすすめ投資方法


「今の自分の手持ち資産で、できる投資はなんだろう…?」という方へ、様々な投資方法を資産運用費別に紹介していこうと思います。

100万~500万ぐらいのケース

【 iDeCo 】

個人型確定拠出年金とも呼ばれる、自分自身で作る年金のことです。商品を選び、月々一定額をその商品に投資する仕組みです。受取は60歳以降になってしまいますが、非課税の対象になることはメリットでしょう。

【 ETF 】

上場型の投資信託をこのように呼び、通常の株式と同じような売買方法が可能です。また、ETFの投資対象は様々な銘柄により構成されているのでリスクを抑えた分散投資ができる、値動きがわかりやすいといったメリットもあります。普通の投資信託よりも流動性に優れていますが、商品の種類は比較的少ないです。

【 外国債 】

外国の政府や、法人が発行する債券のことです。また、発行通貨、発行市場、発行体のどれかが外国であれば外国債として扱います。日本より利回りの大きい債券が多いのが魅力でしょう。

【 FX 】

外国為替証拠金取引のことで、ドルやユーロ、そして日本円と国によって違う通貨を売買する投資方法です。テレビや街中で見かけるかもしれませんが、両替レートは常に変動するもので、その動きを予測して利益を得ていきます。少ない資金で最大25倍までの外国為替の取引ができるのが最大のメリットでしょう。しかし、常に価格変動のリスクは考えなくてはなりません。

500万以上のケース

【 株式投資 】

投資方法の中でも特にポピュラーで、企業が発行している株式を安い時に購入し、高くなった時に売ればその差分が利益になります。100万円以下の運用もできなくはないのですが、元本は多いほど有利にはなりますね。非常に様々な企業から選べるのは人によってメリットにもデメリットにもなるでしょう。

【 不動産投資 】

不動産(家、ビル・アパートなど)を購入し、それを他人に貸してその期間家賃を払ってもらう投資方法です。入居者が絶えず見込める状況であれば安定した利益は発生しますが、逆に空き室や災害などで不動産が使えなくなるなどのリスクも潜んでいるでしょう。

【 先物取引 】

もともと手元にある資産を、決められた将来の期日に、あらかじめ決めた値段で売買する投資方法です。取引できるものの種類は多く、株式・債券・金利・実際の商品などがあります。タイミングや商品によってはハイリスク・ハイリターンになる可能性も高いでしょう。

【 公募ファンド 】

基本的には一般的な投資信託のことで、公募というのは広く一般の人から資金を受け付けているファンド(基金・資金)を言います。個人では投資が難しい商品でも少額から分散投資ができるのが大きなメリットです。

自分のライフスタイル・ライフプランに合った運用法を選びましょう。

ここまで、様々な長期積立型の資産運用・投資方法について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

一口に資産運用といっても、株式投資や投資信託のようにリスクを考えながら大きく利益を狙っていくものから、預金や各種保険のように安全性や継続性を重視するものまで非常に多くの種類があることがわかっていただけたと思います。

利益と継続性、両方のメリットを兼ね備えているのは、最初に紹介したOneTapBUYの「ロボ貯蓄」が当てはまるのかなと感じました。自動で厳選された銘柄に投資してくれますし、何よりアプリという利便性や手軽さは他にない魅力でしょう。

もちろんほかに挙げた投資信託や貯蓄型・学資型の各種保険にもそれぞれメリットやデメリットがありますので各公式サイトやこのブログにある各社紹介ページやコラムも参考にしてもらえればとても嬉しいですね。

それではここまで読んでいただきまして、ありがとうございました!