初心者の方でも手軽に始められる資産運用や投資方法を厳選!おすすめの長期積立型の運用法をいろいろと紹介しています。

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像1

ニッセイグローバル好配当株式プラスは、日本生命グループの資産運用会社「ニッセイアセットマネジメント株式会社」の毎月分配型投資信託で、主に世界各国(日本含む)の高配当株式に投資するファンド(運用目的に集められた資金)です。

毎月分配型投資信託は、その名のとおり「毎月分配金が得られる投資信託」のことで、世界的にも数兆円規模で売れているほど人気の商品。配当が毎月されることで、より強く投資効果を実感できるというのが魅力のひとつといえるでしょう。

そんな人気の高い毎月分配型投資信託の中でも、「ニッセイグローバル好配当株式プラス」にはどんな特徴があるのか?そして、毎月分配型投資信託のメリットやデメリットについても紹介していきます。

社名 ニッセイ アセット マネジメント株式会社
(英文名 Nissay Asset Management Corporation)
純資産合計 約640億円
株主 日本生命保険相互会社(100%)
役職員数 543名
所在地 ◆本店
〒100-8219 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル
電話: 03-5533-4000(代表)
◆大阪営業所
〒541-0042 大阪市中央区今橋2-4-10 大広今橋ビル
電話: 06-6204-0201(年金)、06-6204-0223(投信)
海外拠点 ニッポンライフ・グローバル・インベスターズ・シンガポール
(英名:Nippon Life Global Investors Singapore Limited)
138 Market Street #34-02 CapitaGreen, Singapore 048946
電話: +65-6800-7000(代表)
取扱業務 投資運用業、投資助言・代理業、第二種金融商品取引業に係る業務
金融商品取引業者の登録番号 関東財務局長(金商)第369号
加入する金融商品取引業協会 一般社団法人投資信託協会
一般社団法人日本投資顧問業協会
・日本投資顧問業協会会員番号: 010-00092

ニッセイグローバル好配当株式プラスの特色

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像2

”高配当株式への投資””プレミアムプラス戦略”この二つの軸により、安定した収益の確保とキャピタルゲイン(値上り益)の獲得を目指すファンドがニッセイグローバル好配当株式プラスです。
毎月15日(休業日の場合は翌営業日)には決算をして、分配金を支払うことを目指しています。

※取扱販売会社は2019年8月時点で、証券会社が約20社、銀行2社。

◆高配当株式への投資

全世界の株式(新興国含む)を投資対象にして、相対的に考え、その中でも配当利回りが高い銘柄をメインに投資を行います。また、配当利回りのレベルだけではなく安定した配当ができるのか、企業の成長性や業績の動きなどを総合的に判断し投資する銘柄を決定するというのも特徴のひとつでしょう。

◆プレミアムプラス戦略

オプション取引を活用して、オプション料(プレミアム)収入を得ることにより、安定した収益を確保することを目指す戦略のことです。保有する株式の一定水準以上の値上がりを放棄してしまう見返りとしてオプション料を得る取引をします。

※オプション取引…特定の商品をあらかじめ決められた「期日」までにあらかじめ定められた「価格」で売買する「権利」

※オプション料(プレミアム)…オプション取引をする際に、買う側が売る側に対して支払う料金。買う側は「オプションの権利」を得て、売る側は「権利行使の場合に対応義務」が発生。

毎月分配型投資信託のメリット/デメリット

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像3

では次に、ニッセイグローバル好配当株式プラスも含まれる毎月分配型投資信託について一般的に言われるメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

◆メリット

毎月配当金を受け取ることができる

・投資の手間が少ない

・短期的には、ある程度の収入が得られる

毎月分配型投資信託では基本的に毎月お金を得ることができるため、生活資金や事業資金に活かすことが可能です。いわば定期的にお小遣いを貰っているようなものでしょうか。

余剰資金があることで気持ちにも余裕が生まれるかと思います。また、ある程度プロに任せられる投資信託であり、さらに配当金は自動的に振り込まれるので手間をかけずに収益が出せるのも魅力で、この部分では単純に貯金するケースよりもあきらかに得でしょう。

◆デメリット

・複利効果が小さい

・手数料が高い

元本を削って分配している場合がある

投資信託は、基本的に複利の効果を活用し大きく資産を増やせる金融商品なのですが、毎月分配型投資信託の場合、ある程度配当に回してしまうため複利効果は減少します。また、分配金の支払いの際、通常は運用上の利益から「普通分配金」が支払われますが、それと異なる元本を切り崩し支払われる「特別分配金」というものがあります。「特別分配金」の場合、手数料などのぶんマイナスになってしまいます。

「購入・換金手数料なしシリーズ」の開発

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像4

ニッセイアセットマネジメント株式会社は、手数料にこだわったインデックスファンドとして、2013年から「購入・換金手数料なしシリーズ」の開発をスタートさせました。

このシリーズは”投資家が負担するコストに徹底的にこだわる”をコンセプトにリリースされ、できるだけコストを抑えたい、様々な資産や知識から選びたい、なるべくシンプルで理解しやすいファンドが良いといった投資者の要望に応えています。

また、シリーズの一商品である「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド」が楽天証券ファンドアワード 最優秀賞を、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」が投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018を受賞するなど高い評価を受けています。

機関投資家向けの運用サービス

ニッセイグローバル好配当株式プラスの画像5

ニッセイアセットマネジメント株式会社では、機関投資家に向けて経験豊富な約20名のポートフォリオアドバイザーによる、顧客のニーズを踏まえたコンサルティング型提案を行っています。様々なテーマでの勉強会の開催やポートフォリオ分析などのメニューを用いて顧客と課題を共有。

要望などを踏まえたバリエーション豊かなラインナップを誇る商品から課題解決に近づける商品を提案してくれるようです。この運用サービスは、私的年金の受託額で業界トップクラスの地位を維持しているだけでなく、アンケートなどの調査でも提案力やコンサルティング、情報開示などの分野で高評価を受けているので、安心して利用できるのではないでしょうか。

【毎月分配型投資信託/ニッセイグローバル好配当株式プラス】のまとめ

ニッセイアセットマネジメント株式会社が運用するファンド「ニッセイグローバル好配当株式プラス」に関して、また毎月分配型投資信託についてもご紹介しましたがいかがでしたか?

毎月分配型投資信託は投資信託の中でも、毎月分配金が貰えるといったメリットが特徴的ですが、それ以外にもメリットやデメリットが各個人の運用方針によっても違ってくると思いますのでよく確認して選択すると良いでしょう。

比較的リスクも小さくない資産運用法ですが、ニッセイグローバル好配当株式プラスは安定した収益の源泉確保を目指す戦略をしているので検討する価値はあるのではないかと思いました。