初心者の方でも手軽に始められる資産運用や投資方法を厳選!おすすめの長期積立型の運用法をいろいろと紹介しています。

ソニー生命学資型保険の画像1

ソニー生命保険株式会社は、「学資金準備スクエア」という特設サイトを設置して学資型保険を紹介、サービスの案内をしています。学資保険とは、親が子供たちの教育資金を準備するために契約する貯蓄型保険の事で、決められた額を毎月支払っていくことでそれぞれ子供の成長に沿った進学準備金・満期学資金を貰うことが可能になる保険です。

それでは、そんな学資型保険の中でも契約数147万件を誇り、多くの人に選ばれている実績があるソニー生命の学資型保険はどのような特徴があるのでしょうか?3つの特徴を中心にアピールポイントや実際に相談した時の流れ、ライフプランナーについて、さらに活用例などをご紹介します。

社名 ソニ-生命保険株式会社
社名英語表記 Sony Life Insurance Co., Ltd.
本社所在地 〒100-8179 東京都千代田区大手町一丁目9番2号
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
設立 1979(昭和54)年8月
代表取締役社長 萩本 友男
従業員数 8,642名(ライフプランナー数 5,146名)
資本金 700億円
営業拠点数 支社 123拠点
代理店拠点 39営業所

ソニー生命/学資型保険の特徴

ソニー生命の画像2

多くの人に選ばれているソニー生命の学資型保険には大きく特徴が3つあります。ひとつずつ見ていきましょう。

◆貯蓄性を重視

しっかりと確実に教育資金を準備したいという要望に応えるために、補償内容をシンプルに設計して計画的に資金が増えるようにしています。貯蓄性を重視しているため子供の入院関係の補償はありませんが、払う保険料の総額と比べ多くの学資金が受け取れるようになっています。

◆万一のときには払込免除も

保険期間中、契約者に万一の事態が起きた場合、そのあとの保険料の払い込みが免除されます。そのようなケースになってしまった場合も補償内容は継続されますし、また学資金も100%受け取ることができますので少し安心ですね。

◆家計にあわせたオーダーメイドプラン

様々な教育プランに合わせて「準備金額」「受取タイミング」「払込方法」など自由に選択することが可能です。学資保険のプランニングに関しては、ライフプランナーと呼ばれる保険のプロが担当し、子供の将来像に沿ったプランを提案してくれるでしょう。

豊富な知識を持つライフプランナーに相談

ソニー生命の画像3

ソニー生命に学資型保険の相談をするには、まず申込みフォームに入力、または電話申し込みをしましょう。次にライフプランナーによる希望内容の確認がされます。この際、同時にライフプランナーとの相談の時間が設けられますがこれは家計や投資、貯蓄などのマネープラン全般に関してアドバイスのできるライフプランナーが適切な保障の提案をするためです。

ちなみに相談場所は自宅以外の場所を指定することもでき、1対1ではなく家族や友人と一緒に相談もできるので安心してくださいね。

このようにソニー生命の学資型保険商品は対面販売形式となっていて、何度かライフプランナーと面談をする形式にはなっていますが、先ほど話したような要望のほかにも面談の回数を極力少なくしたいというようなリクエストにも柔軟に対応してくれるようです。

また、ソニー生命の担当ライフプランナーは金融全般に関して豊富な知識を持ったプロフェッショナルであり、生命保険と金融サービスの専門家が集う国際組織「MDRT」の会員も多く在籍しています。なお、子育ての経験があるライフプランナーも多数いるので、相談の際にも安心でしょう。

ちなみに公式ホームページには、「10秒でできる!学資保険シミュレーション」というものがあり、これは契約者の生年月日と性別を入力することで、契約可能なサンプルプランを複数例示してくれるサービスです。
ここで例示されたプランについても、ライフプランナーに無料で相談可能です。

相談が終わると、ライフプランナーから資料と見積りが届きます。これらを依頼したからといって必ず保険を申し込まなくてはいけないわけではないので安心してください。

ソニー生命では顧客の一生涯のパートナーになることで事業が成り立つと考えており、信頼関係の構築の為にも強引な勧誘などは無いとしていますので気軽に相談や見積りを依頼することができそうですね。

様々な学資型保険の活用プラン例

ソニー生命の画像4

ソニー生命では、様々なシチュエーション・要望に対応したプラン例をオーダーメイドで提案しています。特に将来の大学生活を無理のない範囲で負担軽減、維持ができるようになど「大学進学のための費用」として使用するケースが多いようですね。

主な内訳は入学金や授業料などです。ここではそんな「大学進学のための費用」をサポートするプラン例を見ていきましょう。

①子供が10歳になるまでに保険料を払い終えて、大学進学後に毎年学資金が受け取れるプラン

このプランでは、早めに保険料の払込みを完了させて返戻率を少しでもあげたいという要望に応えています。ポイントとしては塾や部活動など費用がかさんでくる中学進学の前に保険料を払い終えることができる点ですね。シミュレーションでの返戻率は107.2%です。(月払の場合)

②子供が18歳になるまでの期間いっぱい保険料を払い続けて、毎月の保険料を抑えるプラン

月々の保険料の負担は極力減らしつつ、大学の学費のため18歳になるまでコツコツ保険料の支払いをしたいと考える人に向けてのプランです。大学入学まで無理のない払込みプランというのも可能なので安心ですね。シミュレーションでの返戻率は103.8%です。(月払の場合)

③大学入学時に学資金をまとめて受け取るプラン

大学入学には、入学金や授業料のほかにも何かとお金がかかるでしょう。そんな時に備えて、入学時にまとめて学資金を受け取れるプランもあります。なお、早生まれの場合は塾や受験費用が必要な場合に合わせて17歳満期にするのがおすすめされています。シミュレーションでの返戻率は104.8%です。(月払の場合)

※返戻率は、保険料をまとめて多く払うほど高くなります。

学資型保険/ソニー生命を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

学校が上がる度に学資金が貰える学資保険

学資保険に加入するのに、ソニー生命かアフラックか迷ったのですが、ソニー生命の学資保険スクエアを選びました。理由は、学校が上がる度に学資金を受け取れるからです。やっぱり学校が上がる度にお金がかかってきますので、学資金を貰える方が家計を助けてくれるので、選びました。ソニー生命の学資保険は、返戻率も高いのも選んだ理由のひとつです。他の学資保険は返戻率が100%を切っているものもある中で、100%を越えて学資金が貰える学資保険の中ではソニー生命が一番いいと思います。

引用元:https://minhyo.jp/

→ソニー生命の学資型保険は、口コミにもあるように、学校が上がる度に学資金を受け取れるというメリットがあります。学年が上がれば上がるほど学費はかかっていくので、このシステムはありがたいですよね。

さらに投稿者さんがソニー生命に決めたもう1つの理由に返戻率の高さがあります。プランによって返戻率は変わってくるものの、ほとんどの場合100%以上です。プランもオーダーメイドになるので、一度相談に行ってみることをおすすめします。

この保険に加入して本当によかったと思っています。

友人におススメといわれ加入したのがソニー生命の学資保険「スクエア」でした。
なんといっても子供が10歳になるころに支払を終わらせたい、そして月々2万5千円の支払で、200万円を将来受け取りたいという私の希望をそのままかなえてくれたもので、その魅力にすぐに契約をしました。
インターネットでのシュミレーションもわかりやすくて、インターネット操作が苦手な私でもすぐに試算ができました。
現在、あと数年で支払いが終わりますが、10歳までに支払完了というのは助かります。10歳以降に子供にかかるお金は(習い事や塾など)徐々に増えて行くと思うので。

引用元:https://minhyo.jp/

→ソニー生命の便利なサービスに学資保険シミュレーションがあります。これは、生年月日や性別を入力するだけでさまざまなプランを提示してくれるものです。

もっとプランを自分の希望に合わせたものに絞りたいという場合は、詳細条件を設定することで絞れます。そのままライフプランナーに相談することで、よりスムーズにプランを決められそうですよね。

投稿者さんのように10歳になるまでに支払を終わらせたいという要望にも応えられるのも魅力的です。

【学資型保険/ソニー生命】のまとめ

ソニー生命の提案する、学資型保険について紹介してきました。個人的には、子供の将来や夢を考える人にとっては非常に興味深い保険なのではないかと思いますし、ソニー生命の場合はライフプランナーに色々と相談できそうなので頼りになると感じました!

たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2019で学資保険部門大1位に選ばれたり、第8回2016年「マザーズセレクション大賞」に選ばれるなど受賞歴を見ても本当に多くの方に認められている保険ですし、資産運用の面から見ても収益性は低いですが安全性は高いと評価できるのではないでしょうか。